スキルアップメニュー

女性の強みを活かす!プレゼン資料作成講座

講師 奥秋和歌子
対象 若手~中堅・管理職
目的 「伝わる」「成果につながる」プレゼン資料作成方法を学びます
特徴 女性管理職経験を持つボストンコンサルティンググループ出身 プレゼン資料コンサルタントが、あなたのこれまでのプレゼン資料作成の概念を変えます
概要 近年のビジネスシーンではプレゼンテーション実施機会が激増しています。上司や営業スタッフの代理で資料を作成する、あるいはご自身でプレゼンするための資料を作成する、そんな機会を持たれる方も多いのではないでしょうか。
人間の脳には「左脳」「右脳」が存在します。「左脳」は論理、「右脳」は感情を司ります。プレゼンでは「左脳」と「右脳」の両方、すなわち論理と感情の両方が伴って初めて聴き手の心を動かすことができます。女性の強みを活かしながら、「想いが伝わる」そして「成果にしっかりつながる」プレゼン資料を作成する方法を伝授します。

女性の強みを発揮する話し方研修
~ビジネスリーダーの相手を動かす対話力と作法~

講師 阿隅和美
対象 若手~中堅・管理職
目的 周囲の協力を得ながらビジョンを達成するために必要な対人関係のコツ、自分の意志やメッセージを的確に伝える方法を習得する
特徴 ■日本人が世界に誇る「相手への心遣い」、女性の強みを活かしたコミュニケーションスキルが身につきます
■人間力(誰が)・内容力(何を)・対応力(どのように)の3つを軸に相手を動かす対話力、信頼されるリーダーの資質を伸ばします
概要 1、女性の強みを発揮する話し方とは(研修目的の共有/女性の強みを発揮する話し方とは)
2、良好なコミュニケーションの担い手になる(フォーマル・インフォーマルコミュニケーションの作法/信頼を得る聴き方)
3、伝えたい事を確実に伝える(相手に確実なメッセージが届く表現力)
4、相手を動かす話し方(話し方理論にみる説得力を高める方法)
5、3分間スピーチ(まとめ/思考と表現の瞬発力を磨く/講師からのフィードバック/研修のまとめ)

女性のプレゼンテーション力強化研修
~ビジネスリーダーの相手を動かす伝え方~

講師 阿隅和美
対象 若手~中堅・管理職
目的 会議や社外向けプレゼン等、人前で話し相手を動かす「伝わる技術」と「プレッシャーに負けないマインドセット」を習得する
特徴 ■女性の強みを活かした場の作り方や相手にしっかり伝わるプレゼンテーションスキルが身につきます
■人間力(誰が)・内容力(何を)・対応力(どのように)の3つを軸に相手を動かす対話力、信頼されるリーダーの資質を伸ばします
■アナウンサーによる緊張対策、話し方や表情など印象アップの実践テクニックが学べます
概要 1、はじめに(人前での話し方/女性の話し方、強化ポイント)
2、動画考査①(自己紹介又は、プレゼンを想定した発表と動画再生による講師からのフィードバック/緊張対策)
3、ストーリー構成法(プレゼンの目的にあった話の構成をする)
4、アナウンサー式(テクニカルトレーニング/相手に確実なメッセージが届く表現力)
5、相手を惹きつける(プレゼン実践法/相手を惹きつける話し方の実践ポイント)
6、動画考査②(2分~3分プレゼン発表/動画再生、フィードバック/研修のまとめ)

女性向け財務諸表の読み方講座

講師 加藤幸人
対象 若手~中堅・管理職
目的 決算書の基本である貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の基本と見方を理解します。
特徴 決算書は、1年の経営成績と財政状態を示す大切な書類です。決算書は、銀行に提出して融資をうける際の必須資料になりますし、新たな取引先と取引を開始する際の資料にもなります。そんな大切な決算書の読み方をわかりわすく解説します。
概要 ■決算書とは何か
1.決算書とは何を指すのか
2. 誰のための決算書か
2.決算書の作成目的と財務会計・管理会計の関係について
■損益計算書の見方
1.損益計算書とは何か
2.損益計算書の作成ルールについて
■貸借対照表の見方
1.貸借対照表とは何か
2.貸借対象表の表示ルールについて
■キャッシュ・フロー計算書の読み方
1.キャッシュ・フロー管理の重要性
2.キャッシュ・フロー計算書とは何か
■その他
1.損益改善の考え方
2.財務改善の考え方

部下を持つ女性のためのマネジメント講座

講師 古川裕倫
対象 部下を持つ20代~30代のリーダー、中間管理職の女性社員
目的 リーダーに求められるマネジメントスキルの向上
特徴
概要 女性管理職が心得ておくべき、男性部下や年上部下のマネジメント方法と、客先に対する接し方を知る。自ら成果を出すことの重要性、定量計画へのこだわり、男性のモチベーションを高め動かす方法、他、リーダーシップを発揮する人材に必要な考え方とスキルを学ぶ。

部下を持つ女性のためのコミュニケーション講座

講師 古川裕倫
対象 部下を持つ20代~30代のリーダー、中間管理職の女性社員
目的 リーダーに求められるコミュニケーションスキルの向上
特徴
概要 女性管理職が身に着けておくべき、男性とのコミュニケーションスキルを獲得する。部下の叱り方とは、知っておくべき男性のやる気を削ぐモノ言い、報告をしっかりさせるコツ等、マネジメントの基礎となる指導方法・説得する技術を学ぶ。

リベラルアーツ「読書力を伸ばして仕事に繋げる方法」

講師 古川裕倫
対象 若手~中堅・管理職
目的
特徴
概要 読書を通じて、知力・人間力を鍛える。8年間継続している読書会の開催経験から、どんな本をどのように読むのか等、社会人として身に着けておくべき読書スキルを学ぶ。

管理職がおさえるべきセクハラ・パワハラ防止策

講師 黒木資浩
対象 経営者及び管理職
目的 セクハラ・パワハラについての管理職の理解を高め、女性活躍推進に役立てることを目的とする。
特徴 コンプライアンスやガバナンスを中心とする企業法務経験豊富な弁護士が、その経験を踏まえて、セクハラ・パワハラのボーダーライン及び組織内でのセクハラ・パワハラ防止策を分かりやすく説明する。
概要 女性活躍促進のためには、経営陣及び管理職が、セクハラ・パワハラ問題を十分に理解すると同時に、組織全体としてその対策をしっかり行っておくことが重要である。
すなわち、セクハラが横行するような企業・職場では、女性が活躍することなど到底できないことはいうまでもない。管理職が、女性部下をしっかり教育し育成していくためにも、何がセクハラ・パワハラに該当するかをきちんと理解しておくことは極めて重要である。
また、セクハラやパワハラは、もはや単なる労働問題ではなく、コーポレートガバナンスに纏わるリスク管理の問題となっている。
昨今、いわゆる企業不祥事と呼ばれる事態が続発しているが、何が「不祥事」に該当するかは、社会の進展と意識の変化に伴い変わるものである。政府の後押しの下、これだけ女性活躍推進が叫ばれている現在の日本においては、セクハラ・パワハラ対策を行っているかどうかがガバナンスの重要問題として意識されるようになることは間違いない。
本セミナーでは、このような昨今の状況を踏まえ、経営陣及び管理職がおさえておくべきセクハラ・パワハラのボーダーライン及び対応策を説明する。

コーチングの技術を使ったパワハラと言われない
「叱り方・伝え方」

講師 今井 洋一
対象 ・管理職・中小企業経営者の部下指導力向上 (パワハラ等のトラブルの防止)
・新任の管理者・初めて部下を 持つ若手社員
目的 ハラスメントと言われない、上手な部下指導の物の言い方を学びます。
特徴 講義の他に、日々ありがちなケースをもとにロールプレイをしていきます。
概要 近年パワハラが話題になりがちで、部下を叱ることに躊躇しがちです。 一方で、業務を遂行し職場の秩序を維持するには、部下に対して指導をしていかなければなりません。二律背反する状態の中で、「どうやって叱っていけば良いか」、コーチングの技法を応用した叱り方を学んでいきます。このセミナーでは、「怒り」と「叱る」の違い、称賛と承認の違い、質問の仕方を学んでいきます。

知らなきゃ損する!
「ブラック企業」と誤解されないための労務管理

講師 今井 洋一
対象 経営者・管理者の労務コンプライアンス意識の向上
人事担当者の、労働基準法に違反となっている業務の改善・労使紛争の予防
目的 労働法に関する基礎知識の習得
特徴 敷居の高い労働基準法を、日常の事例に当てはめクイズ形式で学んでいきます。
概要 未払残業問題など、近年「ブラック企業」が話題になっています。
実は、世間一般の感覚と、労務管理に関する法律の内容に相違があります。正しいだろうと思って運用していても、実は法律違反になっており、意図せずブラック企業と後ろ指をさされてしまうこともあります。
セミナーでは、こういった「ウッカリ」でブラック企業と言われないように、ありがちな落とし穴を、クイズ形式で勉強していきます。