第3回「女性活躍推進企業情報交換会」~新春特別企画:カルビーに学ぶ、2018年ダイバーシティ経営 次の一手~

========================================
        日時  2018年2月27日(火)15:00~17:00
        場所  ウィン青山2階E(青山一丁目駅より徒歩1分)
        主催  一般社団法人彩志義塾
========================================

掲題会では、新春特別企画として、カルビー株式会社女性執行役員の早川知佐氏に登壇いただき、カルビーの成長を支えてきたダイバーシティ哲学や工夫、早川氏のこれまでの歩みをお伺いします。

女性活躍推進法施行から2年。組織に小さな変化は感じるものの、多様な人材がいきいきと自由闊達に活躍するような「理想の会社」へはもう一歩、二歩、三歩。場合によっては、たった今スタート地点にたったばかりという企業もあるかもしれません。

取り組みを形骸化させることなく、今後長きにわたって組織にダイバーシティを浸透・定着させていくには、どんなことができるのでしょうか? 今後の組織が進むべきダイバーシティの方向性と具体的アクションについて、参加者全体で考えていきます。

※「立志塾」にご賛同・派遣いただいている皆様におかれましては、日ごろの感謝を込め、本会参加費は無料とさせていただきます。
※一般参加をご希望の場合は、恐れりますが参加費5,000円を頂戴いたします。
※商品・サービスの売り込みや勧誘などを目的とした方のご参加はご遠慮いただいております。

プログラム

14:30  開場
15:00  早川氏講演
15:40  質疑応答
16:30  参加者交流会
17:00  終了

※プログラム内容は一部変更になることがあります。



登壇者紹介

 <スピーカー>
早川知佐氏(カルビー株式会社 執行役員 東日本事業本部本部長)

立教大学文学部日本文学科卒業。株式会社三洋証券で株式公開企業の審査を担当。1997年11月の経営破綻を受け、同社を退社。1998年株式会社ファンケルに入社。株式公開準備、株式事務全般、IR業務を担当。2009年、カルビー株式会社入社。2011年IR部長、2013年執行役員IR本部長、2014年執行役員経営企画・IR本部長、2016年執行役員東日本事業本部副本部長を経て、2017年より現職。1996年日本証券アナリスト協会検定会員合格、2002年税理士登録。
 

 <モデレーター>
古川裕倫(一般社団法人彩志義塾 代表理事)

 早稲田大学商学部卒業。1977年三井物産入社(エネルギー本部、情報産業本部、業務本部投資総括室)。その間、ロサンゼルス、ニューヨークで通算10年間勤務。2000年 株式会社ホリプロ入社、取締役執行役員を経て、2007年 株式会社リンクステーション副社長に就任。2013年、「先人・先輩の教えを後世に順送りする」ことを信条に、一般社団法人彩志義塾を設立。女性幹部育成のための「立志塾」主催を始め、ダイバーシティ推進を軸とした組織活性化、日本の未来を担う人材の育成に注力している。著書に、『一生働く覚悟を決めた女性たちへ』(扶桑社新書)、『女性を活用できる上司になる』(扶桑社)、『コーチング以前の上司の常識「教え方」の教科書』(すばる舎)など多数。



開催概要

○日時   2018年2月27日(火)15:00~17:00(14:30開場)

○場所   東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山 2階E
      googleマップで見る

○最寄駅  地下鉄「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分

○参加費  「立志塾」参加企業様 無料
      その他の企業様 5,000円/人

○定員   30名(1社2名まで)
      ※定員になり次第、〆切とさせていただきます。

○参加対象 女性活躍推進ご担当者様、人事・経営者の方

○お持もの お名刺(2枚)、筆記用具

○お申込み 「立志塾」参加企業様
      一般の企業様(銀行振り込み)
      一般の企業様(クレジットカード決済)
      ※〆切:2月20日(火)23:59まで
      ※お申込み後のキャンセル・返金は
       対応いたしかねますので、予めご了承ください。

○主催   一般社団法人彩志義塾