古川裕倫の「いろどり徒然草」1月号

女性社外役員紹介業を始めました

一般社団法人彩志義塾は、女性取締役・女性監査役に特化した
有料人材紹介業を開始しましたので、ご案内します。

 彩志(さいし)義塾は、2013年に設立され、ダイバーシティ、
特に女性活躍推進に注力しております。

 弊社は、「立志塾」という女性幹部育成のためのオープンセミナーを
12期継続しており、100名を超える卒塾生がいます。
多くが次世代を担うリーダーとして企業で活躍しており、
昨年は卒塾生の一人がのプロパー取締役と選任されました
(日本駐車場開発株式会社、東証1部)。

 総論では、我が国の女性活躍推進は、欧米に比較して大いに見劣りしており、
2020年7月現在で、生え抜き社員から女性取締役を選任している上場会社は
200社強であり、上場会社全体の10%にも達しません。
そこで、「助っ人」として、上場会社全体の約4割が女性社外取締役を登用しています。

 女性役員の登用は、社員のロールモデルともなり、
職場の活性化や企業内で裾野の広い女性人材の育成にもつながります。

 また、近年日本企業に投資をしている英米系の大手資産運用会社が、
日本企業に多様な人材登用を求めるようになり、女性役員登用がないと、
株主総会での取締役専任にも反対することを表明しています。

 彩志義塾の人材紹介事業の内容は以下の通りです。

 女性社外役員を目指す人材、女性社外役員を登用したい企業をご存知の方は、
個別ご連絡をお願いいたします。
  
                記

1、サービス: 女性社外役員(社外取締役・社外監査役)の有料紹介
2、特徴  : 女性会社役員・経営者、女性弁護士、女性有識者・学識者などのスペシャリストをご紹介できます
3、問合せ先: 一般社団法人彩志義塾 女性役員紹介担当
        〒107-0062 東京都港区青山2-15 ウィン青山2階E           
        info@saishi.or.jp 
        090-2432-2799 , 03- 5244-5696 古川裕倫 
4、社外役員候補者:
  ・現役メーカー執行役(東証1部メーカー社外取締役兼務)
  ・現役弁護士(東証1部サービス会社社外取締役兼務)
  ・元IT会社執行役員(東証1部メーカー社外取締役兼務)
  ・現役米国サービス会社日本代表 

以上 


+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」12月号

今年最も嬉しかったこと
~みちのく立志塾誕生~

今月も引き続き、小学生の作文のようなタイトルである。

先月号の「いろどり徒然草」では、一般社団法人彩志義塾が運営する女性活躍推
進のオープンセミナー「立志塾」の第4期生が、東証一部上場会社の取締役に就
任し、私(古川)の過去30年で最も嬉しかったこととして紹介させていただいた。

来年4月から盛岡で「みちのく立志塾」がスタートする。盛岡を拠点とする人材
育成のaiビジネス代表の中村夢美子さんが発起人であり、私もお手伝いさせてい
ただいている。

なぜ、女性活躍推進なのか。

1、明治当初からたった140年で、人口が3千万人から1億2千万人の4倍に急
増したが、今後は少子高齢化で働き手が減少していく。急増から急減に変わるの
に、同じ仕組みでいいのか。よって、自由な働き方(副業OKを含む)、女性活躍
推進、定年制度廃止を提言してきたが、その一環である。

2、過去男性が働き手の中心であったが、いわゆるダイバーシティとして、外国
人、女性、高齢者、しょうがい者の活用が叫ばれているが、国際化の進んでいな
い日本企業での外国人登用は易しくはない。

3、「女性は結婚などで辞めることがあるから、男性がいい」と古い体質の企業
は言うが、今は、男性も転職が増え、過去のようにずっと会社にいるわけではな
い。女性も「腰掛け」ではなく、一生のキャリアとして仕事に取り組む時代となった。

4、GAFAに代表されるグローバル企業は、ダイバーシティを踏まえて、文化・
思想が違う人材を理念経営で束ねて生産性の高い働き方をしている。男性志向
の日本企業では、グローバル企業に勝てない。 

5、「ダイバーシティ経営をやっていますよ、それなりに」と言う日本企業が多
いが、どこまで本気であるのか。古い言葉となってしまったが、「本音と建前」
のギャップをそろそろ真面目に考える必要がある。「2020年に女性管理職比
率を20%にする」と言う女性活躍推進の国家的目標は、どこに行ってしまったのか。

「みちのく立志塾」は、4回(4ヶ月)がワンクール。目的は、管理職や幹部を
目指す女性の育成。参加者は、毎月の課題書について発表し、毎回プレゼンを行
い、経営に関する講義を受け、実社会で活躍している女性ロールモデルから学ぶ。

確かに、女性の側にも課題はある。男性にはないとは言わないが、
「コンフォートゾーン」から脱却しようとしないことが最も大きな課題である。
今までやってきた仕事で満足して居心地がいい、新しい仕事に挑戦したくない、
昇進もしたくない。ここを立志塾で徹底的に議論して、気づきを得る。

他社・異業種の人間とセミナーを共にすることにより、「自己開示」をして
相手との距離を縮める。職場でも、同じことをすればいい。本音ではなく
「よそいき」の格好をしている人がどれだけ多いことか(私もそうでした)。
男性から聞けば、セクハラかも知れないが、女性側から自己開示をすればいい。
自分の失敗・弱点や課題を言っておけばいい。

男性管理職に、自分の部下の男性と部下の女性にどれだけモノが言えているか
と尋ねると、圧倒的に女性部下にモノが言えていない。これで日本の将来は
大丈夫かと思うことがある。東京立志塾に登壇いただいている女性ロールモデルが、こう言っている。

「男性もそうだが、女性も人生で自分の経済的基盤を持つことである」。

人に頼るだけではなく、福沢諭吉が言うように「独立自尊」の精神を持って、自分の未来を自分の手で切り開いていただきたい。


+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」11月号

ここ30年で最も嬉しかったこと
~立志塾卒塾生の取締役誕生~

小学生の作文のようなタイトルであるが、小学生では
「ここ30年」とは決して付けられないだろう。

私(古川)は、31年間のサラリーマン生活
(商社23年、タレントマネジメント事務所7年、ITベンチャー1年)を卒業して、
「世田谷ビジネス塾(SBJ)」という読書会を地元貢献の一つとして始めた。
良書を紹介しあい、議論するのであるが、今月で135回、足掛け12年である。

それを通して、2つの課題を私なりに感じていた。
日本の国際化とダイバーシティの問題である。国際化の件は別の機会に譲るとして、明治当初からたった140年で、人口が3千万人から1億2千万人の4倍に急増したが、今後は少子高齢化で働き手が減少していく。急増から急減に変わるのに、同じ仕組みでいいのかが私の疑問であった。よって、自由な働き方(副業OKを含む)、女性活躍推進、定年制度廃止を提言してきた。

女性活躍推進では、
「2020年に女性管理職比率を20 %にする」
と言う長年来の目標は「夢のまた夢」となり、極めて残念。
プロパーの女性役員がいる上場会社はまだまだごく僅かであり、概ね社外役員として「助っ人」登用しているのはご存知の通り。

誠にささやかではあるが、対策の一つとして
一般社団法人彩志義塾(さいしぎじゅく)を2013年に創立、
「立志塾」という女性管理職・幹部育成のオープンセミナーを行ってきた。

おかげさまで、半年(6回)ワンクールで、12期生までで約100名の卒塾生がいる。ある大手マスコミ系企業にも立志塾の仕組みをパクっていただき、嬉しい限りである。立志塾のウリは、現役の女性役員に毎回来ていただき、失敗談や志を語っていただく「ロールモデルによるラウンドテーブル」。

立志塾第4期生の窪田礼子さんが、先月の
日本駐車場開発株式会社(東証一部)の株主総会で取締役にされた。
抜擢する会社もエライ!
待ちに待った卒塾生の取締役就任であり、私にとっても望外の喜びである。
これからも卒塾生からたくさんの取締役が生まれてほしい。
理想系は、卒塾生にラウンドテーブルを行ってもらうこと。
できれば6回すべてをしてほしいところであるが、果たして66歳の私が生きている間にそういう世の中になるのか、それともあの世からしか見れない「夢のまた夢」なのか。

(追伸)来年4月から盛岡で「みちのく立志塾」がスタートする。こちらも誠に嬉しい話である。


 ▼「立志塾」受講者の声
  https://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」10月号

明治時代にジョーンズ・ホプキンス大学に留学した男

コロナ禍の報道で、「ジョーンズ・ホプキンス大学」という名前を聞かれた方が多いと思う。私も「あれっ、この大学なんであったか?」と思い、珍しく思い出した。新渡戸稲造が留学した大学。前の5千円札のメガネの紳士である。

新渡戸稲造は、文久2年(1862年)陸奥国岩手郡盛岡生まれ。新渡戸は「少年よ大志を抱け」で有名なクラーク博士がいた札幌農学校(のちの札幌大学)の2期生。札幌農学校卒業後、新渡戸稲造は「太平洋の架け橋になりたい」という大きな志を持って、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学に留学した。

「日本人はなぜ礼儀正しいのか」
「日本人はなぜ君主に忠誠を誓い、年上の人を尊敬するのか」

などと留学中に何人かに聞かれたが、新渡戸は質問に対する答を持っていなかった。

また日本について詳しいアメリカ人は
「それらは神道なのか、それとも仏教の影響か」
などと質問してくるが、それにも答えることができなかった。

このため新渡戸は、のちに日本人の心や魂について深く勉強して、のちに『武士道』(Soul of Japan=「日本の魂」)を書いた。最初は明治33年(1900年)に英語で出版され、のちにドイツ語やフランス語にも訳された。日本語で出版されたのは日露戦争後の明治41年(1908年)であった。

本書は日露戦争のファイナンスにも一役買う。
日露戦争前に戦費調達のためにロシアも日本もヨーロッパで国債を販売したが、大国ロシアと東洋の小国では人気が格段に違った。敗戦すれば国債は紙切れになってしまう。

当時、国債の販売を担当していたのは、のちの大蔵大臣高橋是清(たかはしこれきよ)であった。なんとか日本の国債を売るべく考えついたのが、新渡戸稲造の『武士道』であった。日本のことが世界でほとんど知られていなかったので、この本で日本をヨーロッパに紹介しようとして、それなりの成果が上がった。
 
実際に『武士道』は当時の米国大統領のセオドア・ルーズベルトに感銘を与え、ルーズベルトはすべての側近に読ませたと言う。昨今では忘れ去られている「日本人の美」について学ぶ意味でも世界で活躍する意味でも、現代の日本人にもとても参考になる。

外国に留学しようとする日本人にも、日本を知ろうとする外国人にも『武士道』を読むことを強く勧めたい。新渡戸稲造の『逆境を越えていく者へ』(新渡戸稲造、実業之日本社)も素晴らしい。人は誰もが落ち込むことがあるが、逆境をどう乗り越えるかを教えてくれる。

この本と「回復力」(畑村洋太郎、講談社現代新書)を、元気な時に読んでおくと、逆境に巡り合ったときに、落ち込みの深さが浅く、落ち込んでいる期間も短くなると私(古川)は思う。


メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」8月号

行動力
~スタンプカードを上手に使えないわけ~

「10個スタンプが溜まると1回ただになる」など、多くの小売店
や飲食店でスタンプカードを提供している。
昔からよくある顧客サービスであるが、継続的に顧客を囲い込める
立派なCRM手法の一つである。

しかし、必ずしも顧客がスタンプカードをもらうとは限らない。
「なぜスタンプカードをもらわないのですか?」と聞くと、多くの
人から「財布がパンパンでもう入らないから」との答えが返ってく
る。面倒くさいという人も中にはいるかも知れないが、ほとんどの
人の答えが、「あっちでもこっちでもカードをもらうと、財布に入
りきらないから」である。このメルマガの読者が一定以上のスタン
プカードをもらわない理由も同じであると思う。

同じ質問をサービス提供側にしてみると、やはりその答えのほとん
どが「そんなにたくさんのカードを持ち歩けない」と同じであり、
顧客の心情もわかっている。

私は、よく行く飲食店や知り合いのB2C店主によく次の提案をする。
「お店で顧客のスタンプカードを預かってあげたら?」と言うと、
「なるほど、それはいいアイデアだ」と理解はしてもらえる。ちょ
っとした名刺箱のようなものがあれば、十分に管理でき、そんなに
手間がかかるものではない。スタンプカードには、お預かり期間は、
何ヶ月か何年と明記しておけばいい。居酒屋やバーでボトルキープ
できるのと同じシステムである。複数店舗やチェーン店展開をする
飲食業や小売業であれば、顧客がどこの店舗でも使えるようにポイ
ント制の磁気カードなどにしないといけないが、昔からのスタンプ
カードのコストは、読み取り機器も不要で、圧倒的に安い。

しかし、議論としては理解していても、実際に行動に移さない店主
が圧倒的に多い。私(古川)は、少なくとも10 人の店主に提案し
てみたが、行動に移して継続しているのは1人しかいない。スタン
プカードは顧客が持っているものという先入観から脱皮できないの
か、ほんの小さな作業が増えることを嫌がるのか。

全国的に多店舗展開しているお店であっても、都市に1店舗か2店
舗しかなければ、顧客が行く店は限られている。コーヒーショップ
やコンビニなどは、あちこちの店を使う場合も多いであろうが、モ
ノを買って家に持ち帰る場合などは、行く店はほとんど同じである。
だから、顧客の希望を聞いて、スタンプカードや磁気カードを預か
ってあげればいい。

有効であるとわかっていても、行動しないのはもったいない。理解
するという「インプット」と行動するという「アウトプット」が違
うのは残念である。顧客にとって何がメリットなのか、顧客の課題
は何かを考え行動するのも、経営者や店長の器量であると思う。


【お知らせ】

※第13期(2020年10月開講)立志塾の申込み受付を開始しました。
  
 ▼第13期の詳細・お申し込はコチラ
  https://saishi.or.jp/risshijuku/apply.html
    (〆切:8月31日(月)まで)

+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ