古川ひろのりの女性活躍推進~女性が知らない「女性の強み」その3~

見た目の美しさの追求だけでなく精神面、教養面の豊かさを求めて、女性は自分への投資を惜しまない傾向が強い。

素直に学ぶ姿勢も、若い頃は特に有意な性差と言えるのではないだろうか。

『女性が職場で損する理由~賢くふるまう技術~』
(古川裕倫著 扶桑社新書)より
◆自分のお金でセミナーに行く向上心◆

ポケットマネーで講演に行く女性は偉い!

以前、ある出版社が主催する坂東眞理子先生の講演会に行った。200名ぐらいの女性参加者で満員。男性は私を入れて2名だけ。
会費は3000円で、ほとんどの参加者はOL風だった。

坂東先生は『女性の品格』や『親の品格』を書かれているが、当日は「働く女性の品格」というテーマの講演だった。
女性が今よりもっと輝いて生きるためにという観点から、さわやかな笑顔の中にも説得力のある素晴らしい講演を聞かせていただいた。

講演後、会場から出てくる女性たちの目はグンと輝いていた。講演でたっぷりと元気とやる気をいただいたという感じだ。
会場の建物を出た辺りで自分の前を歩いている女性2人組から「あなたは聞き上手だからね!」という会話が聞こえてきた。

講演後、質疑応答の時間があり、「どうすれば目上の男性へのスマートな付き合い方ができるか」
との質問があった。「尊敬の念を持って接すること。手柄話を聞いてあげると喜ばれます」
と坂東先生が答えられたのだが、その部分の延長線上の会話かもしれない。
そのときの私自身は、恥ずかしながら、手柄話を有頂天でしている自分の姿を想像して一人苦笑していた。

男性は、会社や上司に言われるとしぶしぶ講演会に行くだろうが、そもそも講演などに行きたがらない。
会社の研修にしても同じ傾向がある。

男性は、会社の金でしか講演会に行かないが、女性は自分でお金を出してでも行く。
自分への投資という大事なことをわかっているのだ。

男性は、酒代やタクシー代は毎晩のように払っても(私の問題そのもの、笑)、講演会に払う数千円を自分に投資しないのだ。

教えられるという授業スタイルを嫌いな男性が多いことも一つの理由かもしれない。
本を読めばそれでわかるという人もいるだろう。本は読みたいときに読めるし、講演会に行ったら途中退場も気が引けるということがあるかもしれない。
でも、これは女性にとっても同じことだ。

男性も、女性を見習って学ぶということをもっと素直に謙虚にできるようになればいいのにと思う。
すべての男性がそうだとは言わないが、素直に学ぶということができるのは少し年をとってからだろう。
自分がモノを知らないということを自覚して、講演に行くことを恥ずかしいと思わなくなれば、学ぶ姿勢が出てくる。
若い男性の場合、仕事を自分がやっているんだという“いきがり”みたいなものがあるのかも知れない。

私は自分も講師として話をするが、他の方の講演もしょっちゅう聞きに行く。
著者が自分の思いを自分の声で語るのと、本に書くのとでは、違う。ただし、正直に申し上げるが、若い頃はほとんど行っていない。

講演会は、臨場感があるし、同じときに同じ空間で語り手と聞き手が一緒にいるということがいいのだ。
レコードを聞くこととコンサートに行くことの違いかと思う。

目の前の仕事をこなすことや、せいぜい本を読むことが勉強だと思い込みやすい男性と、
カルチャー教室に若い頃から参加する女性の違いだ。
女性は若いうちから自分のお金で学びを素直に受け入れる能力が高いと思う。

(次回に続く)

古川ひろのりの女性が知らない「女性の強み」 その2

多くの働く女性たちが、心身をリフレッシュさせる方法として上位に挙げるのが「旅行」。
まとまった休みともなれば世界各地に旅立っていく。ここにも「女性の強み」が垣間見える。
『女性が職場で損する理由~賢くふるまう技術~』(古川裕倫著 扶桑社新書)より

◆自分のお金で旅行に行く行動力◆

私は商社に勤めていたので、よく知っている。女性は、旅行を企画して、自分のお金で海外旅行に行くことを。

海外駐在をすると経験することだが、日本から女性社員がよく旅行のついでに海外支店に立ち寄る。
駐在前に同じ職場で働いていた同僚や後輩の女性社員だ。

女性同士のグループや、親と一緒、彼と一緒などといくつかのパターンがある。

普段は、日々の業務の他に日本からのお客様の対応で忙しくて気が抜けない毎日だが、
知り合いの女性が来てくれるのは嬉しいことであり、楽しみでもある。

もちろん、おいしいものをご馳走せよとの暗黙のご指示も十分理解している。
当たり前と言ったらお叱りが来るとは思うが、女性同士のグループは大歓迎であり、
我ら仲間はランクAと勝手に呼んでいた。

空港に迎えに行ったり、一緒に食事をしたり、
お土産屋に連れて行ったり、日本からのお客様や取引先と同様のランクだ。

親と一緒に来る女性はランクBで、会社として恥ずかしくない対応をする。

男性と一緒はランクCだ。
男性と一緒の場合は、迎えにも行かないし、レストランを紹介する程度。

別にその女性が男性といるのをどうのこうのとは言っていないのだが、邪魔したくないと思うし、
女性を連れてくる以上、男がしっかりして移動や食事ぐらいなんとかしろと思うからだ。
女性社員のことしか言わないので不思議に思われるだろうが、
私が商社でロサンゼルスに7年間、ニューヨークに3年間駐在していたときに、
自費で旅行に来て海外支店に立ち寄った男性社員は一人もいなかった。

出張ではいやになるほどたくさん来るのだが。
自分も(国内勤務のときは)たくさん海外出張したが、そもそも、自分で海外旅行に行くなんぞしない。
私の旅行といえば、せいぜい国内の温泉で十分だからだ。
女性社員は、企画力や行動力が高いというのはこれを見ても明らかだ。
もちろん、自分の有給休暇を知っていて、休みを取るスケジューリングができて、それなりのお金も捻出できる。
そういう計画性についても断然、男性より上を行っていると思う。

(つづく)
【古川ひろのりからのお知らせ】

1、一般社団法人彩志義塾主催

【人事担当・経営者向け彩志義塾体験セミナー

ーGIRLS BE AMBITIOUSー】

6月10日(水)15:00〜16:30

@彩志義塾セミナールーム

無料

内容:男性観点から、女性に女性活躍のモチベーションアップを中心に語ります。
ロールモデルという意味で女性講師は貴重ですが、
男性が何を考えているかを含め男性講師が女性に語るイノベーション溢れる講演・研修です。

2、2年以上先送りしていた「他社から引き抜かれる社員になれ」の改訂版をGWを使ってとうとう脱稿しました。
ビジネス書はこれで26冊なので小休止。

次は、生まれて初めての小説に挑戦です。阪急電車の創始者小林一三を書きます。
ちゃんとしたものにできるか、ドボンとなるか、わかりませんが、ワクワク感が高まっております。

3、昨年3月25日に還暦になったの機に禁煙ました。
結果、体重が4キロほど増えただけで、今のところなんらのメリットもありません。

禁煙が1年を越えたので、多分もう大丈夫だと思います。
今から来年の3月24日までの目標は、「飲むときも 明日ゾンビに ならぬよう」です。

1年で何日間、二日酔いとなっているかを考えた反省です(笑)。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「彩志義塾主催女性社員のための立志塾」が紹介されています。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://goodway.co.jp/fip/htdocs/joeyacpdb-3242/#_3242

古川ひろのりの女性活躍推進~部下育成と子育て~

【部下育成と子育て】

今日は、仕事から学んだことの多くが家庭で活用できるというご紹介です。

会社には方針や計画がありますが、これを家庭でもやることです。

結婚をすることや子供を持つことは、義務ではありませんが、
できた子供を育てるのは法律的な義務となります。

子育ての労力そのものをどうするかも大切ですが、
どのような子供に育てたいか(会社のように)方針を立てることです。
方針を立てたら、ぶれることなく実行することです。

例えば、「嘘をつかない子供に育てる」という方針であれば、
そう言い聞かせながら、親も子供に対して正直でありつづけることが大切です。

私の場合は、「早く独立できる人とする」という方針を立てました。
福沢諭吉先生の「個人の独立なくして、国家の独立なし」「独立自尊」とい教えがヒントでした。

なんどか悩んだこともありましたが、その方針を貫くことで判断が容易にできました。

例えば、自分の娘が帰国子女枠に恵まれたからこそなのですが、中高一貫の女子校と、
大学もついている女子中学校の2つに受かりました。
かたや大学受験をしなければいけないが、もう一方はそれが不要。

当初は、大学受験がないのは助かるとの娘と妻の意見でした。
しかし、「早く独立できる人とする」という方針はなんども家族で共有していたので、
この観点から大学受験を回避するのが独立につながるのか、それとも受験をする方が独立につながるのかを議論しました。

結果、後者を採りました。当初この学校の勉強についていけなかったこともあり、
しばらくはその判断に対する小言や弱音を聞くこととなりました。

その後、大学受験というヤマをなんとか乗り越えることができ、
就職したとたんに自宅を出て一人でアパート暮らしを始めました。

なんとか「独立」にこぎ着けたのです。
方針を決め、ぶれなくそれを実行することは、まさに仕事から学んだことです。

他にもたくさん会社のことを活用しました。
私は、普段から自宅への帰りが遅く、昔型サラリーマンの典型でした。

私は子供と向かい合う時間がほとんどないので、月に一度は家族で食事をすることにしました。
普段彼らが行っているより、ちょっと高級なところを選びました。

家では、テレビがあり、子供の部屋に戻られても話ができない。ちょっと高級なところに行くことには抵抗がない。

そして、30分だけ子供たちに自分から話をしたのです。
彼らも30分辛抱すればおいしいものが食べられるということだったのでしょう。

話したのは、会社で学んだことばかりです。
「ホウレンソウとはなにか」「計画とはなにか」「なぜ遅刻がいけないのか」「口約束を守れ」などです。

話を戻しますと、部下を教育することに精通すれば、子供の教育も簡単です。
率先垂範しないと部下も子供もついてこないのも同じ。コミュニケーションが必要なのもまったく同じです。

仕事だけではなく、幸せな人生を送るべく、
仕事を通して学んだことを大いに活用して家庭生活も充実させてください。

私の会社の先輩のお子さんたちが、挨拶もよく、スポーツもでき、
学校の成績もすばらしく、近所でも評判になっていました。

その先輩にばったり出くわした時に「子育ては難しいですよね」と私が聞いたら、
「何をいっているのか。20数年家庭や環境の違うところで育った新入社員より、
ゼロ歳から一緒に住んでいる人間を育てる方が易しいに決まっているだろう」と言われました。

部下を育てることができれば、子育てはもっと易しいものかも知れません。

部下も育てながら、家庭でもそれをぜひ生かしていただきたいと思います。
男性が協力すべき家庭の仕事の一つかと思います。

(注)これは、拙著『コーチング以前の上司の常識「教え方」の教科書」(古川裕倫、すばる舎)から加筆・転載したものです。

「古川ひろのりの女性活躍推進~女性が知らない「女性の強み」 その1~

今日取り上げるのは、拙著『女性が職場で損する理由~賢くふるまう技術~』(扶桑社新書、初版2009年3月)より、
女性が知らない「女性の強み」についてのご紹介です。

女性は自身を知るために、男性幹部や管理職者は女性社員の力を活かすヒントとして、
このテーマに向き合ってみてはいかがでしょうか。

私が30年以上のサラリーマン生活で感じてきた、仕事で有効活用できる女性的特性、
「強み」を、数回に分けてご紹介します。

ほとんどの会社の人事担当は、入社試験では、男性より女性がはるかに優秀であることを実感しています。
ところが、入社段階では優秀だった女性たちが、組織に入ったあとは伸び悩んでいるように見えます。

優秀な女性たちが、なぜか男性に抜かれていくのは、
女性の本質的な美質や強みを生かし切れていないからではないでしょうか。

≪女性は、たくさんのことを同時にこなす能力が男性より高い≫

女性は男性よりはるかにたくさんやることがある。
というか、たくさんのことを当たり前のようにこなしている。男にはそんなことはできない。

朝起きて家を出る前にすること、会社が終わってからすること、
帰宅してすること、休日にすること、どれをとっても男よりたくさんある。

男性は、歯を磨いて、シャワーを浴びて(浴びないやつもいる)、チョコチョコと髪の毛を触って、
定番のスーツ、シャツ、ネクタイを適当に選んで出社できる。
楽チンだ。

他方、女性は、お化粧もしなければならないし、
髪の毛だって(一般的に)長い分だけ洗うにも、乾かすにも時間がかかるだろう。
服を選ぶにも時間がかかる。

女性は、ファッションのチェックをしてショッピングに行き、どこのレストランがおいしいかを知り、
別腹用のデザートのことまで知り尽くし、同時にダイエットのことを考え、エステやスポーツジムに通い、
カルチャースクールに行って料理や語学を勉強して、友達同士で行く旅行の計画を練って、週刊誌をチェックして、占いもしっかり見ている。

そして会社生活もしている。
こんなことは男にはできない。

お酒が好きだという男性が、自分好みの酒を置く居酒屋をこまめに探すという話はあまり聞かない。
たいてい「いつもの店でいつものメンツで」集まっているだけだ。

それに比べて、女性たちはスイーツや流行のレストランなどにこまめに足を運ぶ。実地で活動しているわけだ。
男性は怠けていると思いませんか?

ましてや、結婚後も働いていて、会社と家事を両方こなしているなど、
男性から見るとスーパーウーマンとしか言いようがない。

朝の身支度や、帰宅してから就寝まで肌のお手入れなど、
女性のほうがとかく「自分のこと」に時間を取られると想像する。

それはハンディかもしれないが、逆に見れば限られた時間で一度にいろんなことができるということだ。
前準備や手順を組み立てるのが上手なのだろう。

若くして起業する男性社長に、料理が趣味の人が多いと聞いたことがある。
料理も前準備、段取り、実作業をスムーズに行うことが必要だ。

こうした段取りの手腕を、仕事上でも意識するようにしてみてほしい。

(つづく)

 
【古川ひろのりの近況】
おかげさまで、とても忙しく、2003年に設立した一般社団法人彩志義塾に今は一番時間を使っています。
元商社マン。現在の生業は、社外取締役(日本駐車場開発株式会社と情報技術開発株式会社)とビジネス書著者(25冊)

1、彩志義塾概要:
「志を彩る」。ダイバーシティ、特に女性活躍推進に特化し、
講演、研修などを通じて女性の人材育成と組織の成長を支援します。
自らも「女性のための立志塾」などオープンセミナーも行っています。
https://saishi.or.jp

2、沿革
一言でいいますと、2008年から続けている無料読書会
「世田谷ビジネス塾」から「一般社団法人彩志義塾」が誕生しました。

2008年10月「世田谷ビジネス塾」(無料読書会)設立
2009年3月 「女性が職場で損する理由」(古川裕倫、扶桑社)上梓
2013年9月 「女性社員ための立志塾 第1期」開始
2013年11月「一般社団法人彩志義塾」設立
2014年2月 「彩志義塾設立記念講演会」実施
2014年4月 「女性社員のための立志塾 第2期」開始
2015年4月 「女性社員のための立志塾 第3期」開始予定

この年表をわざわざ書いた理由の一つは、
安倍政権より前から女性活躍推進をやっている
ということを言うためです(偉そうに!)。

3、提供している主たるサービス(「日本の人事部」http://jinjibu.jp/
というポータルサイトに告知をしています)

(1)企業向け講演・研修の提供 https://saishi.or.jp/request.html
企業内で、講演やセミナーを提供する。
ダイバーシティ・女性活躍推進・ワークライフバランス。
特長は、女性活躍が進みにくい理由の1つである男性中間管理職という
岩盤に風穴を開けること。

(2)当法人主催オープンセミナー「女性のための立志塾」他
http://kokucheese.com/event/index/185972/

【投稿】古川ひろのりの女性活躍推進~男性がなぜ女性活躍推進を語るか~

【古川ひろのりの女性活躍推進】

~男性がなぜ女性活躍推進を語るか~

なぜこのようなオジサン(私、古川)がダイバーシティや女性活躍推進を語るのか、というそもそもの話しさせていただきたい。

講演や研修を実施するときに、一番多い聞かれる質問がこれ。「なぜ女性活躍推進をやっているのですか?」「なにがきっかけですか?」と言われるが、多分なぜ男性が(とかオッサンが)という意味が入っているのだろう。

一番簡単にいうと、最初に勤めた会社は、女性がほとんどルーティーンの仕事しかしておらず、輝いている人は少なかった。次に勤めた会社は、自ら仕事を作っていき、キラリと輝いている女性が多かった。職場や会社によって、こんなに女性の輝きが違うのかと思った次第。前者は大手商社であり、後者はエンターテイメント会社(自称エンターテイメント会社であるが、世間様は芸能プロダクションとしか呼んでくれていない)。

いろんな生き方があるので、女性が職場で輝くべきかは本人が決めるべき話しであり、私がどうこう申し上げる筋のものではない。

ただ、「少子高齢化による生産労働人口の激減」によって、日本が世界で戦えなくなってくることには危惧をしている。日本の会社にもがんばって欲しい。人口減少によって、国内市場は縮小していく、すなわち日本の国力も落ちてくる。

知り合いの中小企業の社長さんたちに、20年後30年後の自分の会社の業績予想を聞いてみると、「よくわからないないが、10-20%は伸びているだろう」「努力をして、ソレぐらいの数字は作らなければいけない」などと答えがある。グローバルにビジネスをしていけば全く話しは違うのだが、国内だけしかやっていない会社が、人口が40年後には30%も減って市場が縮小する中、自分だけが売上や利益が伸びるはずがない。グローバルなビジネス展開が求められる。

もう一つは、労働人口の減少に対応できないと日本は生き残れないということ。労働人口の確保には、次の4つがある(4つしかない)。

1、外国人の登用

2、 シニアの登用

3、 女性の登用

4、 障がい者の登用

「日本は今でも鎖国をしている」と外国人有識者からなんどか言われたことがある。移民の受け入れ、労働ビザ発給など、実質上はなかなか外国人を受け入れない。受け入れても言葉の問題もあり、なかなか進まないだろう。

シニアががんばるのも期待したい。ただ、私が言うのもナンではあるが、頭が柔らかくて、自分より年下の上司の言うことを抵抗なく受け入れる人がどれだけいるだろうか。

ということで、女性に脚光が当たるのは当たり前と思う。私は、日本が世界と渡り合えるように、労働力をしっかりと確保しなければいけないと思っている。また、優秀な女性が、出産・育児で職場から長期に離れたり、職場復帰しなかったりでは、たいへんもったいないと思う。会社制度の問題や、会社の文化の問題、(女性を含めた)個人の問題などあると思うが、解決できる課題も多い。

話をもとへ戻すと、会社は女性に職場でなにを期待するかをしっかりと考える必要がある。女性も男性も考えるべきである。過去のことは過去として、これからイノベーションが必要である。

なぜオッサンの私が言うか?オッサンも変わらないといけないから、である。女性をエンカレッジするために女性にも問いかける必要があるが、岩盤か粘土層になっているかもしれない私と同年代のオッサンも変わらなければいけない。そのようなことを講演や研修で申し上げることによって少しでも日本の女性活躍が進むことを願っている。

(つづく)